Twitterアイコンのサイズや画質について(サンプルあり)

Twitterアイコンのサイズや画質について

皆さんは、Twitterプロフィール画像(以降、アイコン)のサイズを気にして設定していますか?

実は、アイコンやヘッダー画像については、
Twitter社から「推奨サイズ」というものが提示されています。

そして、その推奨サイズに従って画像を設定すると、
画質劣化等の少ない「高画質なアイコン」を設定する事ができます。

下記の内容で、分かりやすく紹介していきますね!

あみちゃん

えぇ!?もらった画像を、そのまま設定してたよ~!

編集ちゃん

まぁそれでも良いのだけど、設定する画像が小さすぎたりすると、画質の劣化が目立つから、いちおう気に留めておいてくれたら嬉しいな!

Twitterのアイコン画像とは?

アイコン画像について

まずはじめに、Twitterのアイコン画像とは、ツイートした際に必ず表示される「投稿者」を示す画像となります。

下記の画像が「アイコン画像」です。Twitter側の正式名称としては「プロフィール画像」と呼ぶようですが、アイコン画像やサムネイル画像とも呼ばれています。

<ツイート画面での表示>

アイコン画像とヘッダー画像の違いについて

<プロフィール画面での表示>

プロフィールを見ると、アイコンとは別にもう1つ「背景のような画像」が設定されていますが、こちらは「ヘッダー画像」となります。

ヘッダー画像は、アイコンとは別に自分をアピール出来る画像となりますので、ぜひ設定するようにしてください。(ヘッダー画像についても徹底分析しますので、興味があれば見てください!)

アイコンの形について

昔のTwitterではアイコンは「四角」だったのですが、2017年のアップデートから「丸」になりました。

ただ、仕様変更されたからと言って、わざわざ丸い画像を用意する必要はなく「四角」の画像を設定しても、Twitter側で丸アイコンに変換してくれますので気にせず設定する事が可能です!

もちろん丸い画像を用意していただいても構いません。

Twitterアイコンのサイズや画質について

編集ちゃん

「推奨サイズ」をご紹介しますが、これはもはや推奨ではなく必須サイズだと思っていてください!1ピクセルでもズレていたら意味がなくなります。

あみちゃん

ひぃぃ。そんなに厳しい世界なの!?

編集ちゃん

意識高い人に向けたメッセージです!
できれば推奨サイズで登録したほうが良いですが、無理な方は今まで通りでいいですよ~

Twitterアイコンの推奨サイズについて

まずは、Twitter社が推奨している「アイコン画像」のサイズについて、ご紹介します。

  • 推奨サイズ: 400 x 400ピクセル
  • ファイルサイズ: 最大2MB
  • ファイル形式: JPEG、GIF、PNG

こちら「推奨サイズ」であって「必須サイズ」ではありません。
推奨よりも大きい画像や、小さい画像であったとしても、設定時にTwitter側の機能で拡大縮小を行うことが出来ます。

もちろんそれでも良いのですが、推奨サイズ以外でファイルを設定すると、画質の劣化が発生します…(めっちゃパン屋さん調べ)

また、推奨サイズではないものを設定しようとすると、透過処理が施されているPNG画像でも、システム的にJPEG画像へ「自動変換」されてしまい、結果として透過部分が白の背景へと変換されてしまいます。

私はこの検証のために1ピクセル単位の画像をいくつも用意し、設定を繰り返しました。
その結果、下記の様に画像を設定すると画像の劣化が抑えられますので、ご自身の可能な範囲で実践してみましょう!

できるだけ画像劣化が少ない設定方法

まず、スマートフォンからアイコン設定しようとしている方、ごめんなさい…

ヘッダー画像でしたらスマートフォンからでもOKなのですが、なぜかアイコン画像についてはスマートフォンからの設定ですと「最高画質」の状態でアップできません…(めっちゃパン屋さん調べ)

具体的には、パソコンから「PNG形式の画像」を設定すると、そのまま「PNG画像」としてアップロードされるのですが、スマートフォンですと同じ画像であっても「JPG形式の画像」に変換されて設定されてしまいます。

この画像変換時に「劣化」が生じてしまう為、できる事なら「パソコン」から設定をしたほうが良いでしょう。

ちなみに、1ピクセルでもサイズを変更してしまうと、たとえパソコンから設定したとしても「画像劣化」が発生しますので注意してくださいね!

スマートフォンからでも「推奨サイズ」さえ正しく設定すれば、それなりに高画質になります!

どんなアイコンを設定したら良いのか?

企業アカウントですと、企業ロゴや、マスコットキャラクターを設定する事が多いと思いますが、一般的なアカウントでは「人物」や「動物」といったアイコンを設定される方が多いと思います。

こちらは写真でもイラストでも、好みに合わせて設定していただければOKです。

アイコン設定時の注意点

「人物」や「動物」の画像を設定する場合、円の占有率の50%以上が「顔」であると、Twitterのタイムライン上でも視認しやすすくなるのでオススメです。

50%はあくまで目安ですが、それよりも小さくなると、スマートフォンから見た時に、何のアイコンなのか分かりにくくなってしまいますので、用意した画像の全体を設定するのではなく「部分的」に拡大して設定するというのも、テクニックの1つになります!

<視認性をあげるためのテクニック>

顔写真を設定する必要はあるのか?

インターネット上に、ご自身の顔写真を公開するのは、非常に大きなリスクとなりますので、公開する場合はよく考えてから公開しましょう。(一度公開してしまったものを消すのは非常に大変です)

まよっている方はまず、テキトーなアイコンにして様子をみるか、オリジナルアイコンや、似顔絵アイコンをイラストレーターに依頼してみるのも良いと思います。

私のオススメイラストレーターは、Twitterで活躍されてるciana(チャーナ)さんです。
もはや、仮想通貨界隈では知らない人はいない程、絶大な人気を誇るイラストレーターさん。

マンガ・イラストのご依頼は、DMまたはHP「チャナメモ」までお問い合わせください。

cianaさんのTwitter

Twitterアイコンサンプルについて

それでは実際にアイコンを作成してみます。
画像を持ち帰ってきただき、作成時の参考資料にしていただいて結構です。

アイコンを作成する際のサンプル

下記の画像は、400×400ピクセルの「PNG形式」で作られた画像になります。

実はこのアイコンをそのままTwitterに設定すると、ピッタリアイコンサイズになります。
私は、毎回この画像を元に、普段のアイコンを作成しております。

<400 × 400 ピクセルのPNG画像/解像度72px>

実際に1つ作ってみますね!
私は「Photoshop」で作成しますが、他のソフトを利用して作っても問題ありません。

1.サイズを設定します

推奨サイズの通り、400 × 400ピクセルで作成します。
解像度については、72ピクセルでいいです。(Web上にアップするものは全て72と決まってる)

2.空のキャンバスに先程の丸画像を配置

丸の周りの部分は「透明(透過)」という事を表しています。
あとは、このピンクの部分にアイコンを設定していけばOKです。

3.イラストを設置する

コチラの画像を設定する事にしました。

ぺたぺた!

これだと若干小さいので、女の子のサイズを調整していきます!

4.サイズ調整を行う

こんな感じのサイズ感でどうでしょう?

これで完成でも問題ありませんが、一手間加えます

5.余分な部分を消す

これはやらなくてもいいです。
自己満足ですが女の子を丸に収めたいので不要な部分を削除します。

6.背景色を設定する

コチラも好みです。
今回は女の子に合わせた背景色を設定します。

7.PNG形式でアイコン画像を保存する

完成したら、PNG形式でアイコンを保存します!
保存すると下記のような感じになります。いい感じですね!

では、さっそくTwitterに設定してみましょう!

8.Twitterへ登録

設定すると、何もしなくても、ぴったりになりますね!

<Twitterアイコン調整画面>
<Twitterプロフィール画面>

うまく設定できました!!!

Twitterアイコンへのこだわり

いかがだったでしょうか?

皆さん出来れば、綺麗で見やすいアイコンを設定したいですよね!
Twitterアイコンをうまく設定して、他の方との差をつけちゃいましょう!

あみちゃん

難しいけど、次からちょっと意識してみるね!